元美容師がおすすめする美髪オイル

美髪になるためには髪を保湿するのが、重要になってきます。それは髪をおしゃれにするために、ヘアカラーやパーマをしていると髪が乾燥してしまうから。

もちろんそれだけでなく、シャンプーで髪を洗うだけで必要な皮脂がなくなり、パサつく原因となるでしょう。つまり保湿しにくいのが現代社会。それを少しでも解消できるのが、ヘアオイルだというわけです。

そこで今回はさまざまなオイルの中から、美髪になれるおすすめのオイルを紹介。またそのオイルを使った正しいパックの方法まで説明しますね。

美髪に効くオイルの種類について

じつはオイルといっても種類がさまざまあり、特徴が全然違います。美髪になるためには、自分に合った種類を見つけるのがポイント。

そこで大まかに種類を紹介するので、あなたに合ったオイルはどれなのか、比較してみてくださいね。ちなみにオイル選びに迷っているなら、オーガニックオイルがおすすめですよ。

天然のオーガニックオイル

オイルといえば天然オーガニックオイルがいい!と思う人が多いでしょう。たしかにオーガニックオイルは、自然なものでできている分、肌や髪にやさしく保湿できています。

しかし欠点があるのをご存じでしょうか?そもそも天然性100%のオーガニックオイルは、人工的に手を付けていないオイル。つまりオイルによったら、ケアしにくいものがあるんです。

これはさまざまな脂肪酸が、組み合わさってできていることが原因。言い換えると、「特徴がバラバラで、ピッタリのものが見つけにくいことが欠点」になります。

融点や沸点という言葉を聞いたことがあるでしょう。ヘアオイルに関していえば、以下の特徴があります。

  • 融点…髪の馴染みがいいかどうか
  • 沸点…熱に耐えられるかどうか

配合されている脂肪酸がハッキリわかれば選びやすいのですが、天然のオーガニックオイルにはたくさんの脂肪酸が混ざっています。

ということは、髪の馴染み具合や熱に強いかどうかなど、オイルの特徴がハッキリしないので、個人的にケアしにくいオイルを選んでしまう可能性だってあるんです。

しかし正しい使い方をしていれば、その欠点は気にならなくなるでしょう。

正しく使っているならメリットのほうが大きく、以下で紹介する人工オイルよりも保湿性に優れているので、ヘアオイルとしては最適。

そもそもヘアオイルの目的は保湿ですよね。細かいところを気にしないのであれば、天然性のオーガニックオイルがいいわけです。

シリコンなどが入った人工オイル


それに比べて、都合のいいように作り変えられている人工オイルは、自分に合ったものが選びやすい特徴を持っています。

ヘアオイルをつけた後の髪触りや匂い、ドライヤーの熱に強いかどうかなど、選び方はさまざま。使い勝手がいいのがメリットです。

しかしデメリットがあるのも、知っておくべきでしょう。まず肝心の保湿力は、天然性のオーガニックオイルよりも弱いところ。

ヘアオイルを使おうと思う人の大半が、髪のパサつきや痛みを気にしています。それは髪が

乾燥しているからですよね。ところが保湿力が弱いと、それを抑えることができません。

だから天然性のオーガニックオイルに、人気が集まっているんですね。

美髪に効くヘアオイルのパックのやり方

ヘアオイルは髪に付けるだけでも保湿ができますが、肌と同様にパックをすることができます。髪にパック?と思うでしょうが、美容室でも実際に使われている方法。

ヘアオイルを髪に付けて放置するだけなのですが、うまく保湿するには、そのひと手間が必要です。そのやり方について紹介しますね。

余計なホコリなどの汚れをブラシで除去

オイルを使って保湿するには、汚れをきれいに落していることが大きなポイント。それはオイルが膜となって、髪にコーティングされるからです。

スマホの画面を保護する、フィルターをつける場合も同じですよね?ホコリが付いていると、フィルターがきれいでもボコボコになってしまいます。

髪の場合もキレイにしておかないと、引っかかる原因になる場合も…。ですから面倒でしょうがブラッシングをしておきましょう。

髪にヘアオイルを揉みこむ

髪の汚れがある程度きれいになったら、オイルを髪に馴染ませましょう。乾燥しているところに、オイルをつけるのがポイントです。

もし水分が付いているなら、少しでもタオルでふき取ると、きれいに浸透しますよ。というのも油と水が混ざらないからです。

ヘアオイルが浸透するのを水が邪魔をしてしまうので、なるべく乾いた状態でヘアオイルを使いましょう。

そしてパサつきがひどい毛先から順番に、揉みこむようにヘアオイルをつけます。この揉みこむ作業があることで、浸透しやすくなるでしょう。

ちなみにしっかり保湿をさせたいのなら、たっぷりヘアオイルを使うのがおすすめ。「吸収して、なくなったオイルを足す」という作業を繰り返し、オイルがなくならない状態になると、しっかり保湿ができていますよ。

蒸しタオルで髪の毛すべてを包んで10分以上放置

しっかり保湿ができたと思ったら、暖かいお湯が浸透したタオルを絞って、蒸しタオルを作りましょう。

その蒸しタオルをターバンのように巻き、髪全体が覆うようにセット。そのまま10分以上放置してください。

髪の毛は暖かくて湿気が強いところでは、キューティクルが開く特徴があります。それを利用して、ヘアオイルが浸透しやすくなるんです。

もちろん付けただけでは、すぐに浸透しません。10分以上放置する必要があるので、蒸しタオルをした状態で湯船に浸かるといいでしょう。

シャンプーを使ってヘアオイルを洗い流す

ヘアオイルが浸透しているのがわかったら、シャンプーを使って洗い流しましょう。先ほどと同様に、水と油は弾く性質があるため、お湯だけではすべて洗い流せません。

あえてしっとりさせたいのなら別ですが、ほとんどの場合シャンプーを使ったほうがいいでしょう。

むしろしっとりさせる場合は、シャンプーの後にトリートメントを使ったほうがいいかもしれませんよ。

美髪に効くヘアオイルの他の使い方

しっとりしてきれいな髪にできるヘアオイルですが、実際に使ってみると、余らせてしまうケースがよくあります。

それは少量でも保湿ができてしまうから。メリットでもあり、デメリットでもあります。

もし残った状態で他のヘアオイルを買ってしまった場合、髪以外に他の活用方法があるんです。その使い方について紹介しますね。

頭皮のクレンジング用で使える

クレンジングとは簡単にいうと、オイルを使ってきれいに汚れを落とす方法。皮脂にはクレンジングのほうが、キレイになる場合もあります。

とくに毛穴に詰まった皮脂は、シャンプーで落としきれないこともあり、クレンジングが有効です。そこで余ったヘアオイルを使うのがおすすめ。

皮脂は油汚れなので、クレンジングをするのがいいのですが、なかなかピッタリの商品を探すのが面倒ですよね?ヘアオイルなら頭皮が荒れる可能性が低いので、頭皮のクレンジングをする場合にピッタリです。

むしろ先ほどのオイルヘアパックと、一緒にクレンジングをすると時短ができますよ。

まず直接頭皮にヘアオイルをつけていきます。そして頭皮全体に塗布できたら、頭皮を動かすイメージで、ゆっくりとマッサージ。

このときにあまり激しく動かすと、頭皮を痛めるかもしれないので、ゆっくりするのがポイントです。全体にマッサージができたら、シャンプーで洗い流しましょう。

肌の保湿オイルとして使ってもOK

肌の保湿でクリームを使う場合があるでしょうが、ヘアオイルならさらに保湿ができるでしょう。種類によったらベタベタせず、保湿力が高いものだってあるのでおすすめです。

ちなみにヘアオイルの質感が苦手な人は、湯船に数滴たらして浸かるだけでも保湿ができます。あなたの好みに合わせて、使い分けるといいでしょう。

美髪に効くアーモンドオイルとオススメ商品

ヘアオイルには、使われている素材によって、種類がさまざまあります。その中でもアーモンドオイルは、注目されているヘアオイルのひとつ。

それは浸透性が高い特徴を持っているからです。そもそも古代のエジプトからあるオイルで、美意識が高いというエジプト人が使っていた歴史もあるほど。

その特徴を出しているのは、豊富に含まれているビタミンEです。抗酸化作用があるため、髪のパサつきを抑える効果がかなりあります。頭皮に使うと、血行促進効果まであるくらいです。

頭皮の保湿をしながら髪をきれいにできるアーモンドオイルは、傷みが原因で起こるパサつきにピッタリなんですね。

その中でもおすすめのアーモンドオイルがあるので、紹介しますね。

メドウズ キャリアオイル スイートアーモンド

メドウズのアーモンドオイルは、100%アーモンドオイルが入っているので、ヘアオイル以外でも使えるようになっています。

アーモンドの栄養が逃げないように、低温で圧縮されているので、保湿効果が高いのが大きな特徴。皮脂が蒸発してなくならないように、コーティングもしてくれます。

余計なものが入っていないので、他のものと混ぜることも可能。使い勝手がよくておすすめのヘアオイルですよ。

美髪に効くオリーブオイルとオススメ商品

オイルと聞くと、オリーブオイルをイメージする人も多いでしょう。健康にもいいと流行っているからですよね。じつは髪でもオリーブオイルは、いい働きをしてくれるんです。

それはオレイン酸が含まれているから。浸透性が高くて保湿力がアップします。これは髪だけでなく、肌でも同様の効果があるため、化粧品にもオリーブオイルが使われるようになりました

どちらかというと、その浸透性が高い特徴から、ヘアオイルとして使った場合しっとりするでしょう。つまり乾燥がかなりひどい人は、オリーブオイルを使うのがおすすめですね。

小豆島ヘルシーランド ジ・オリーブオイルF

オリーブオイルといえば、小豆島で作られたものが、クオリティーが高いといわれています。それは中に含まれている成分がしっかり残っているから。

もちろん髪の場合でも、配合成分がたっぷりのほうが保湿効果も高いので、小豆島で作られた「ジ・オリーブオイルF」は髪がきれいになりやすい、おすすめのヘアオイルのひとつ。

もちろん内容量もオリーブオイル100%で、余計なものが入っていません。敏感肌の人が肌に使っても、肌荒れを起こしにくいでしょう。

美髪に効くホホバオイルとオススメ商品

オイルとしての知名度が高いホホバオイル。その特徴はなんといっても価格が安いこと。ちょっと探せばドラッグストアなどでも、よく目にすることができます。

知名度とコスパ面では、他の種類のオイルでは負けてしまうでしょう。しかしヘアオイルとしてはどうなのでしょうか?

もし髪のパサつきが気になってホホバオイルを使った場合、ワックスエクテルといわれる成分が乾燥を防いでくれます。

ドライヤーの前に使うといいとされているので、熱に強いのもホホバオイルの特徴ですね。つまりホホバオイルは、使い勝手がいいと思っておきましょう。

ナチュラルオーケストラ

そもそも安価で手に入るホホバオイルは大量生産をするため、髪に大切なビタミンやミネラルなどの成分をなくしてしまう、加熱処理をしているんです。

もちろんオイルによるコーティング力はなくならないので、それなりに保湿はできますが、「ホホバオイルは少し物足りない…」なんて思ったことがないでしょうか?

そんな人はワンランク上のホホバオイル、「ナチュラルオーケストラ」がおすすめです。

コールドプレスという方法で、不純物を取り除いているので、ビタミンやミネラルなどはそのまま。髪の保湿力が高いものとなっているうえに、熱にも強いのでアイロンをよく使う人にも効果的でしょう。